2014年09月30日

誰もきみを起こそうとなんてしていない

●誰もきみを起こそうとなんてしていない。

だから、ゆっくりと眠ればいい。

国境を越えて難民が押し寄せても、今は、今だけは、きみは自然な眠りの中で安らかにいてほしい。

また、明日になれば、誰かと戦わないとしても。

今は、誰もきみを起こせない。

せめて夢の中では隣人と争わずにパンを分け合えたりね。


posted by ホーライ at 03:10| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月20日

「美術館」(5)

休日、レンタルビデオで「レオナルド・ダ・ヴィンチの生涯」を借りて、見る。

秘密のカギを解く場面がその番組の中にあった。

彼は紙を裏返して透かして見ると、普通のイタリア語になるような文字を書くのが趣味だった。特技とでもいうか。


その画面を見て、僕はすぐにメモを裏返してみた。

なんだか、イタリア語に見えないでもない。

さっそく、若い研究家に電話して、そのことを告げた。

彼はすぐにイタリア語が使える友人の所へ飛んでいった。

休日にのんびりビデオを見るのも、まんざら捨てたものではないようだ。



「結局、金属2種類とその配合比率が決定打でしたね。」

若手研究家が実験結果を見ながら言った。

ダ・ヴィンチの絵からメモした「逆さ文字」はイタリア語で2組の数字を表していることが分かった。

1つの数字は原子番号、もう1つは配合の比率だろうということは容易に想像できた。

その金属と比率はコンピューターもはじき出していたということが後日分かるが、そこにたどり着くには2年以上かかったかもしれない。

合成された薬は副作用は今までの半分以下。効果は20倍以上に飛躍していた。

僕は早速、臨床試験に進むため、開発会議にかけた。

多分、来年の今ぐらいは、業界が驚愕するようなリウマチの薬ができることになるだろう。


「それにしても、不思議なのが・・・・・・」

「分かっている。俺も今、それを考えていたところだ。」


何故、レオナルド・ダ・ヴィンチは当時未知の金属を知っていたのか。

未知の金属を知っていただけでなく、「原子番号」まで知っていた。

そして、それがある種の有機化合物と合体されるとリウマチに良く効くことを何故、知っていたのか。

「タイムマシンでも発明していたんでしょうかね?」

「そんなことはないだろう」

しかし、そうとしか考えようがないことだ。

歴史上の天才たちは、時に、既成概念の積み重ねから導かれること以上の発見をしているような気がする。

彼ら・彼女らは「ひらめき」の瞬間に「未来」を覗いたのもかもしれない。


過去の思考は文字や伝承として連続して現在に繋がっているが、ひょっとして、未来の思考も現在と連続しているのではないだろうか。

神から許されたごく一部の人たちだけが、その未来の思考へワープできるのかも知れない。

意思、思考は既に決められた路線があり、僕たちはそこにのっかって科学を発展させている、ということは言えないか。

「しかし不思議ですね。」

「まったくだ」

「そうそう! このデザインの意味が分かったので、例の美術館の眼鏡の女性にも教えてやったんですよ。」

「なんて言ってた?」

「『そのデザインの意味が、たとえ分からなかったとしても、ダ・ヴィンチの絵の価値は変わりません』だそうです。」

またしても、彼女の言うとおりだった。

(終)

posted by ホーライ at 21:40| ミステリィ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月12日

「美術館」(4)

ダ・ヴィンチの絵を見に行ってから空白の2ヶ月が過ぎた。

我々はコンピューターを使ったドラッグデザインを駆使し、最適の金属を探し続けた。

もちろん、文献漁りも続けている。



ルネッサンスの万能科学者の願いをかなえるために、いや、リウマチの痛みに苦しんでいるために、そして、我々のプロジェクトチームの存亡にかけて、一刻も早く薬を完成させたかった。

リウマチだと思われる病気に対する各地の民間療法、伝承、いいつたえ。

あらゆることを調査した。

人間は過去、梅毒から結核まで、全ての病気に対して、なんらかの治療を試みてきた。


植物はもちろんのこと、動物、魚、爬虫類から鉱物まで、試してない分野は無いとまで言える。

時に、カビが助けてくれたり、薬草の根が効いたりしながら、今の薬物療法が成り立っている。

呪文とトカゲの尻尾の延長に我々はいる。

ゲノム科学の普及により、より戦略的なドラッグデザインができるようになったとは言え、まだまだ天然のものから薬が見つかることは多かった。

我々はやっと大海に出た若い水夫なのだ。


posted by ホーライ at 02:12| ミステリィ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月11日

「美術館」(3)

確かに、ラファエロが描いているキャンバスの中には、小瓶が2個描かれていた。

ラベルには文字らしき模様も見られる。


「この文字を写せ。」


僕と若手研究家は、ラベルの模様を手帳に書き写した。

小さな模様なので、絵のすぐ近くまで顔を近づけないとよく見えない。


「何語でしょうね? 英語でないことは間違いありませんね。」

「イタリア語かラテン語だろうな。」


二人で書き写し、メモ帳をポケットにしまいこんだ時に、女性の声がした。

「絵にインクが飛ぶといけませんので、万年筆は美術館で使わないでください。」

振り返ると、美術館員らしき女性だった。

「すいません。もう大丈夫です。」

「気をつけてくださいね。ところで、絵に何か?」


眼鏡を人差し指で持ち上げ、その女性が聞いた。

「この瓶のラベルの文字があまりに素晴らしいもので。ところで、なんと書かれているか、ご存知ですか?」

女性は眼鏡をさらに持ち上げ、絵に顔を近づけ、しばらく眺めていると、顔をあげた。

「ここは美術館で、書道展ではありません。」

彼女の言うとおりだった。




「だめですね。」

「そうか。」

「英語ではもちろんなし。イタリア語でもラテン語でもない。ポルトガル語、スペイン語、み〜〜んな違いました。」

「やっぱり単なる模様なのかな?}

「そうかもしれませんね。」

「あきらめるかな・・・・・・。しかし、何故、ダ・ヴィンチはあんな絵を描いたんだろう」

「彼は芸術家であると同時に科学者でもありますよね。」

「そうだ。」

「その科学者としての気持ちが、将来は病気の苦しみがなくなって欲しいということで絵を歴史に残したのではないですか」

「つまり、彼は我々に、それを託したいために絵を描いたということだ。」

「そうなりますね。」

「・・・・・・彼の願いを叶えようじゃないか。」

「はい!」



posted by ホーライ at 03:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリィ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月07日

「美術館」(2)

その絵は、なんとも奇妙な絵だった。

病いで苦しんでいる婦人のベッドの前でラファエロがキャンバスにむかって、その婦人の姿を描いているのを、ダ・ヴィンチが絵にしているのだ。

キャンバスの中にまたキャンバスがある。

何故、ラファエロは病気で苦しむ婦人の絵を描こうとしたんだろう?

それを、どうしてダ・ヴィンチは絵にしたのだろう?



中世の暗い部屋の中で小さな窓から光が差し、女性が痛みに顔を歪めている。

それを射抜くようなまなざしで見つめるラファエロの横顔。

その前にあるキャンバスの中にも病気の女性が・・・・・・。


「不思議な絵ですね。」

「まったく」

「なんで、ダ・ヴィンチは、こんな絵を描いたんでしょう?」

「いい質問だ。今まさに、きみに聞こうと思っていた質問だよ。」


僕と若手研究者は、しばらく絵を見つめていた。

暗い絵の前にいるのは僕たち二人だけだった。



美術館に併設されている喫茶店でコーヒーを飲んだ。

「結局、藁は藁だったな」

「そうですかね? そうですね。特に新しい情報は見つかりませんでしたね。」



画家は時に奇妙な絵を描くものだという感想だけが、二人の頭の中を占めていると僕は思った。

「でも、あのベッドの足元に置いてあった小瓶が気になるな」

「ん?足元に小瓶?なかったと思うけれど」

「ありましたよ、婦人の足もとに」

「足元? 女性の下半身はラファエロのキャンバスで隠れていただろう?」

「あ!先輩、意外と注意力散漫ですね。」

「あったっけ?小瓶」

「ラファエロのキャンバスの中に描かれた婦人のほうの足元に小瓶が2個あったんですよ」

「そうだっけ?」

「そうなんです。あの瓶の中には薬が入っていたと思いませんか?」

「……」

日本で液晶が開発された理由は、アメリカの研究所に行った日本のテレビ局が放送した番組に研究者の机の小瓶のラベルの化合物名がテレビに映ったからだ。

「もう一度、見に行こう」


posted by ホーライ at 08:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリィ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月05日

「美術館」(作:ホーライ)

その答えはレオナルド・ダ・ヴィンチの絵に隠されていた。

僕たちが長年研究してきたリウマチの新薬がこれで完成する。


今から7年前に始めたリウマチの新薬開発プロジェクト。

それは暗礁に次ぐ暗礁だった。

そして最後の突破口が見出されないまま、会社からあと2年という期限が提示された。


リウマチプロジェクトの最後は、過去のあらゆるリウマチに関する文献漁りにかけられていた。

僕たちがコンピューターを駆使してデザインした新薬候補には、ある特徴があった。

それは、ある種の金属がその薬の効果を高めるのだ。

昔から、リウマチには「金」が薬として使われていたから、あながち不思議では無かったが、最も効果が高い金属を探すのが、僕たちの最後の仕事だった。

今のままでは、現存する薬の効果とほぼ同じなのだ。


何故、リウマチに「金」が使われるようになったのか。

コッホの時代、リウマチも、もしかしたら結核からくるのではないかとの考えで、結核に少し効く金療法を試したところ、リウマチが実にみごとに軽快した例が出てきた。

これが金療法の始まりだ。

以来、いろんな金属と化合物が試されてきた。

その中でも、僕たちのチームが発見したものが一番有望だろう。

しかし、決め手となる金属がまだよく分からない。

そこで、ありとあらゆるリウマチ文献漁りとなったわけだ。

ある若手研究者がグーグルを使って、片っ端から「リウマチ」でヒットしたサイトを調べてみた。

すると、レオナルド・ダ・ヴィンチが「病いに苦しむ婦人を描くラファエロ」という絵を描いており、その「病い」がどうやら「リウマチ」らしいことが分かった。

「それで?」

「それで・・・・・・、実はその絵が今、東京に来ているらしいんです。」

「それで?」

「なので、あの・・・・・・見に行きませんか?」

「わらを?」

「は?」

「藁をもつかむ思いだな」

「はい、まぁ、そういうことです。」


posted by ホーライ at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリィ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「携帯メール」(9)

(10)

海へ向かう船が見える。

緑と青でライトアップされたホテル。

その夜景の前に座っている彼女。

「ここのパスタ、おいしいわね。ピザも。」

「うん。少し風が寒いけれど。味は悪くない。」

ビル・エバンスのピアノが流れる空間と時間を二人で共有する。

「手術は何時から?」

「10時。」

「OK。その時間に私はあなたのほうへ向かって、祈りの言葉を送ってるわね。」

「ありがとう。」

「どれくらいかかるの?」

「オペ自体は1時間もあれば終わるよ。」

「人工声帯はすぐにつけるの?」

「それは、一年後くらいにね。まずは、癌細胞を叩くことに専念しないといけない。」

「そう。」



暗い照明の中で、彼女の瞳が僕を見据える。

「薬は?」

「飲むよ。」

「副作用はあるの?」

「うん、一般的な抗癌剤の副作用がね。毛髪が抜けたり、吐き気とか、下痢とかね。それは薬を使い始めてからでないと分からない。」

「でも、あなたは薬の専門家だから、いいわね。お医者さんに薬の指示を出したらいいんじゃない?」

「そうだね。僕は薬剤師だからね。」

「そうよ。薬に関してはお医者さんより詳しいんでしょ。」



話しながら、彼女の目から涙が流れ、港の光に反射して頬を伝わっていた。

口元に笑みを浮かべながら、彼女は僕を見つめる。

「携帯メールは打てるからいいわよね。」

「病室からは打てないけれど、散歩がてらに病院の外に出て送るよ。」

「どれくらい入院しているの?」

「多分、1ヶ月くらいかな。しばらくは点滴で、それから流動食だ。」

「じゃ、今日は沢山食べて。まだ他にも頼む?」

「地中海風リゾット。」

料理と音楽と夜景と彼女。

時間が一秒ごとに使われてゆく。


「抗生物質も使うの?」

「うん、オペのあとは必ず使うよ。感染病にならないようにね。」

いつもより、おしゃべりな彼女。



----- *** -----



料理が喉を通らない。

テーブルに来たリゾットを彼のお皿に取る。

今日だけは沈黙が怖かった。

彼が「最後の言葉」を言い出すのが怖いから。

私は話し続ける。

彼に質問し続ける。

それにいつものように答えるあの人。

時間が私の心の中で壊れてゆく。


食事が終り、レストランを出る。

海からの冷たい風が、私の涙を乾かしてゆく。

「今日は改札まで送らないわ。そこの公園のところで見送る。」


海の波間に映る街の明り。 海から戻ってくる船。

彼の逞しい腕が、私を覆い尽くす。

抱きしめる彼の体。

汽笛が夜空に響く。


唇を離すと、彼が語りかけてきた。

「今日までありがとう。」

うなずく。 涙が意志とは関係なく流れ出す。

「退院したら、また逢いに来るよ。」

「私のこと、忘れたら承知しないからね。」

「もちろんさ。また、来るよ。メールも送る。」

「指を骨折しないでね。」

「そうだね。……今日は楽しかったよ。じゃ、またね。」

「うん。」

彼が私の体を離し、目を見つめる。

「愛しているよ。いつまでも。」


彼は、そう言うと笑顔で駅へ向かった。

私は彼の言葉を抱きしめながら、見送る。

私は彼の言葉を繰り返し、頭に思い浮かべながら、ここで彼が迎えに来る日を待つ。

携帯電話を持って。


    (終了) 


posted by ホーライ at 02:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ロマンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月03日

「携帯メール」(8)

(9)

部屋の時計を見る。

秒針が一秒ごとに時を刻む。

一秒ごとに、自分の声を失う時間が近づいてくる。

一秒ごとに、自分の死が近づいてくる。


夕闇が街の空を染めてきた。

鳥の鳴き声が遠く聴こえ、飛行機雲が空を斜めに切る。

僕の心と体を開放してくれた彼女に告げる最後の言葉を考える。


綾戸智絵が唄う「Let it be」がどこからか流れてきた。

乳がんだった彼女は「生命の力」に気づく。

フジコ・ヘミングも難聴になってから「演奏」が変わる。

ホーキングは言う「病気になって気づいたんだ。自分の時間の貴重さを。」



何も怯える必要は無い。

不完全燃焼するほうが耐え難い。

「なるようになる」

綾戸智絵がシャウトする。

彼女の声が、胸に染み渡るのを待つ。


部屋が夕闇に包まれると、僕は彼女に伝える言葉を考え始めた。

それは「肉声で伝える最後の言葉」でしかない。

僕にはまだ、メールを打つ指が有る。まばたきで意志を伝える人もいる。

言葉を考える脳が有る。

僕にはまだ、夕焼けを感じる視力が有る。

彼女の声を聴く聴力も有る。



声を失うことの哀しみが、夕日とともに沈んだ。



posted by ホーライ at 04:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ロマンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月02日

「携帯メール」(7)

(8)


部屋でアジアの写真集を見る。

いつしか、私は時間をつぶす術をいくつも抱きかかえていた。

携帯電話が鳴る。

あの人からのメールであることがメロディで分かる。

写真集から目を離すことが怖かった。

癌が再発したあの人から。

『今度の週末に会えるかな?』

いつも遠くから私のところまで、やってきてくれるメール。そしてあの人。

震える指でメールを打つ。

『いいわ。待っています。』 


再発の危険性をいつも抱えながらも、私をくったくのない笑顔で迎入れてくれる人。

まだ、どこに癌が再発したのか聞いていない。

あの人が教えてくれない。



癌は転移する。

どこに再発したのだろう。

胃? それとも別の場所?


私もネットで胃がんのことを調べた。

初期の発見なら5年生存率が高いこと。

でも、転移したら今度は手術だけでなく抗癌剤治療も必要になるだろうということ。


癌が転移していたら、転移が見つかった場所だけでなく、まだ見つからないほど小さな癌が体のどこかに潜んでいる可能性がある。

だから、手術で見つかった場所だけでなく、抗癌剤を使い、体中に潜む癌細胞を殺す必要があるらしい。


どこか、遠い国の話しと思っていたのに。



今の私にできることは、希望を失わないことだけ。

現実を見据え、それに立ち向かうだけ。

涙は見せない。

風が窓の外に見える樹木の枝を揺らしている。

私もいつか、この地上から消える。

あの樹木たちが、残っているだろう100年後。

私はいない。

遠くに見える山と雲。

500年後にも、あの山と雲は存在するだろう。今までそうだったように。



アジアの仏像。ヨーロッパの芸術。アフリカの古代文化。各地に伝わる民話、民謡。

千年単位で想いを走らせる。

これから生まれてくる子どもたちがいる。

「時間は遥かな未来まで繋がっているんだわ。」

言葉が口をついて出てくる。

私に残せるものが有る。



本を閉じ。

パソコンのスイッチを入れた。

そして、二人の記録を残すために、サイトを立ち上げるためにネットに繋いだ。


私は二人の出逢いを思い出し、文字を入力した。

白く光るディスプレイに向かって。

私とあの人が生きてきた証として、どんなに辛いことがあっても書き続ける。

『「僕と同じだ」と言って、あの人は「風の歌を聴け」を見せた。
「そうですね。……私達、同じですね。」
こうして、私たちは出あった。 病院の総合受付の前で……。』


posted by ホーライ at 01:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ロマンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月01日

「携帯メール」(6)

(7)


腫瘍マーカーが上昇していた。

一週間置いて二度計ったが、通常の範囲を遥かに超えていた。

MRIの結果、咽喉に小さな腫瘍が見つかった。

北風も入らない妙に暖かい診察室で医師は言った。

「切除しますか?それとも抗癌剤を使いますか? もちろん、切除しても抗癌剤を使います。ただ、切除となると声を失います。」

湿った空気が流れた。

乾燥を防ぐために加湿器を使っているようだ。

「私は切除することをお奨めします。それと放射線照射と抗癌剤をしばらく続けるのが標準的な治療ですね。」




声を失う。

どんな世界が待っているんだろう。

「まぁ、今は人口声帯も有り、訓練すれば意志を伝える位にはなりますから、生活には困らないと思いますよ。」

もちろん、抗癌剤だけで叩くことは無理だというのは知っていた。

多分、僕には選択権は無い。



命と引換えに声を失う。

抗癌剤の治療の苦しさも知っている。

標準的な治療薬で再発したら、今度は治験薬の使用になるだろう。

自分が勤めている会社の治験薬を投与される可能性も有る。


「オペしてください。」

「そうですね。それがいいでしょう。では、今からオペの予定表を調べます。」


医師が出した予定表には、何人かの名前が書かれていた。

さらに「Radi」と書かれている表も垣間見えた。放射線照射の予定表だ。

「来月の14日が空いていますので、その日にしましょう。 入院の準備は看護婦から伝えてもらいます。では。」


外来の別室へ看護婦に連れていから、「入院のしおり」をもとに説明を受けた。

事務的な話しを受け、事務的に答える。



病院の外は新しい年を迎えた街が、いつもの賑わいを見せていた。

『今度の週末に会えるかな?』 携帯のボタンを押す。

携帯が震える。

『いいわ。待っています。』 

絶え間なく流れる車を見ながら、僕は彼女に伝える最後の僕の「言葉」を考えた。



posted by ホーライ at 02:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ロマンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。